【正確&時短】ができることが腕の良さだと実感

先日、2日間お休みしました。
いつもならセミナーか家族旅行で休むんですが、今回は私自身のカラダのメンテナンスのため。

何をメンテナンスしたかというと、「親知らずの抜歯」

昨年から歯科に通っていたのですが、親知らずを抜かないとダメだと言われて、墨田区錦糸町にある墨東病院を紹介してもらいました。

実は、身近な所だと嫁さんが同じく親知らずを抜歯したんですが、これがその後メチャメチャ腫れまくってたし、痛がっていたしで親知らずの抜歯でいい印象は皆無(-_-;)

抜歯した日は口だけでなく首なども痛くなって夜も眠れなかったので、カイロプラクティックケアしたら、かなり楽になってもらえた。
その時の一言が印象的すぎた。
「今日ほど夫がカイロプラクターで良かったと思ったことはない」と。

それってメチャメチャ嬉しい半面、親知らずの抜歯の印象最悪なんですけどぉ~(T_T)

ということで、かなりビビって当日を迎えた。
今回は、右の上下の抜歯。

治療前に準備と説明と麻酔をし、麻痺してくるまでざっと10分くらい。
で、いざ抜歯スタート!

まずは下からだ。
下は結構根本が曲がっていたりして、少し苦戦気味。
でも、特に痛くはない。
そして、何とか抜けたみたい。(特に気づかなかった)

次に上。
メキメキと数回して、あっという間に終了した。

ここまで、15~20分くらい。

ということで、椅子に座ってから終わるまで30分。

嫁さんからは1時間くらいだと聞いていた。
他の人からは、2時間かかったとも聞いていた。

思っていた以上のスピード。
すごくありがたかったです。

また施術後、嫁さんみたいに、そんなに腫れることや痛みでどうしようもないってこともなく、ほぼ普通には過ごせました。
先生、ありがとうございますm(_ _)m

来週紹介してくれたクリニックの先生にもどこが違うのか確認はしたいと思うけど、多分圧倒的に臨床数が多いので、手際が良く、また施術に慣れているから迅速なのだろう。
墨東病院の歯科治療では、親知らずの抜歯やクリニックでは難しい治療ばかりだと思うので、非常に技術が鍛えられているのでしょう。

これは、とてもいい経験になった。

やはり治療は、正確かつ迅速にしてくれるのが、私は好きだ。

私の正確かつ迅速に仕事してそうな代表がゴルゴ13(笑)

当院にもたまに(ホントごくたまに)だけど、電話の問い合わせで

「15分で終わると書いてますが、もっとやってもらえないんですか?」と尋ねてくる人がいる。

私は、大抵こういう場合には、「手術をしたとしたら、あなたは15分で終わってほしいですか?それとも60分やってほしいですか?またどちらが腕がいいと思いますか?」と質問する。

そうすると、よく分かってもらえるけど、たまに「でも、もっと時間やってもらいたいんですけど」と言ってくる人もいます(^_^;)
さすがにそういう人は当院のコンセプトに合わないので、他を探してもらうようにお願いする。
多分その人は、施療をしてほしいのではなく、慰安を求めているのだと思う。
なので、時間を長くやってほしい。

でも、当院は慰安(リラクゼーション)ではなく、カイロプラクティックケアを提供をしたい。

時間は、とても大切

人様の時間を借りて、施療させてもらっている側としたら、不必要に時間は掛けたくはない。

なので、これからももっと正確かつ迅速に終われるカイロプラクティックを提供できるように日々精進したいと思います。

とはいえ、私は15分(施術自体は5分くらい)が短いとは思っていません。

「All You Need Is Kill」 というマンガの中で主人公がこのようなセリフを言っています。

「一秒を一秒だと思っている奴には 今の僕には勝てない
軍曹はこう言った・・・一秒を切り刻め」

同じ一秒でも、より多く切り刻んでいくことができる方が勝る。

例えば1秒間を1/10に刻めば1秒間は1/10が10個の集合体でその1刻みで何かしらしようと思えれば、時間を増やせるということ。

1/100だと1秒間の中で100個何かしらできるってことですね。

このようなことを【稠密化(ちゅうみつか)】と言いますが。

私は15分間を1/15の集合体とは考えていないということです。

なので、結構色々できることがある。