東芝コードレスクリーナーとSHARPラクティブエア比較検討レビュー

先日、12年間使った掃除機がついに壊れました(-∧-)合掌・・・

なので、待ってましたという感じで買い換えることに!

というのが、結構使い勝手が悪かったんですよねぇ(^^ゞ

掃除機を選ぶ基準

掃除機は、あくまでもそれぞれTPOに合わせて選び方があります。

私が選ぶポイントにしたのは

・軽量

・サイクロン式

・コードレス

・キャニスター式

軽量

毎日掃除機を使うならば、軽量の方が楽です。

重いと疲れる(;´д`)トホホ…

軽くて楽々掃除機をかけたい!

サイクロン式

私は、やったことに対してフィードバックが欲しいんです(笑)

紙パック式だと、どのくらいゴミを吸えたか確認しにくい。

だから、サイクロン式でゴミを視覚的に確認したい!

吸引力は、そこそこ今の掃除機はしっかりとしているのでね。

コードレス

木場カイロプラクティックの店舗はそこそこ広いんです。

なので、コード式だといちいちコンセントに差し込む作業が面倒(-_-;)

しかも、コンセントプラグが少ないんで、なおさら。。。

なので、この条件も必須!

キャニスター式

コードレスということ前提なんだけど、スティックタイプのコードレス掃除機は、いくら軽量になっているとはいえ手元にはある程度の重量がかかる。

そこそこ広いから、手首にかかる疲労は絶対にかかると判断。

だから、キャニスター式がベスト!

東芝とSHARPの一騎打ち

以上の4つの条件で、Google先生に聞いてみた■_ヾ(・・*)カタカタ

この4つ条件は、実はかなり選択肢が少なかった。

ネックになった条件が、キャニスター式のコードレスという部分。

キャニスター式のコードレス掃除機は、調べた限りだと現状は2つのメーカーのみ。

一つは東芝のコードレスクリーナーVC-NX1/VC-NXS1

もう一つがSHARPのラクティブエア コードレスキャニスターサイクロン掃除機EC-AS700(500)

あんまりコードレスでキャニスター式は需要ないんだな(^_^;)

で!決めたのが

SHARPのラクティブエアEC-AS700

東芝コードレスクリーナーは魅力的だが価格が難点?

東芝とかなり迷った。

東芝のVC-NX1/VC-NXS1もかなり魅力的。

ダブルフェイススタイルでくるりと反転

ひとつ目の魅力

本体がダブルフェイススタイルという円筒型ボディで、簡単にくるりと向きが反転する。

ダストステーションでお手入れ楽々

あとはNXS1の方だと、ダストステーションが付いており、セットすると勝手にゴミをダストステーションでまとめてくれる。

手間がかなり省ける!

でも、そもそもそれに見合う値段ではないような。

現状だと8万円近い価格Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

掃除機に8万円…そこまでは求めていない、、、

ダストステーションが付属していないVC-NX1でも、6万円近いお値段。

6万円でも掃除機にそこまでは求めてない(-_-;)

そこで考察してみた(笑)

ホントに東芝でイイのかの考察点

ダブルフェイススタイル機能はホントに必要か?

反転するのは魅力的だが、そもそもキャニスター部分を持って掃除をする予定でいるので、その機能は必要ないんじゃないか?

結局本体がベッドや家具などにぶつからないように、手で本体を持って掃除するから、あまり必要ない。

ごみ捨てをダストステーションに任しちゃって良いのかよ!?

ダストステーションも大変魅力的だけど、ゴミがどれだけ取れたか確認するには、そんなモノ不必要で、自ら手入れしたいよね?

そんな楽しいことは、自分でしたい!

ということで、SHARPの方へ気持ちが傾く。

ラクティブエアEC-AS700にした決め手

考察の結果、ではシャープのラクティブエアEC-AS700はどうかというと、

最強!だった(笑)

ラクティブエアの最強なところ

やっぱり最軽量!2.9kgがすごい

掃除機を持つから、最軽量は魅力だ!

そして一番の魅力が

取り外し可能のバッテリー!

東芝はバッテリーが内蔵されちゃっているから、バッテリーが消耗したら、交換はメーカーに送らないとムリ。

しかも、その分費用もかかる。

でも、ラクティブエアは外付けのバッテリー\(^o^)/

だから、バッテリーが消耗しても、すぐにバッテリーだけ買い換えれば元通り(^o^)v

長く使いたいから、バッテリーは最優先で考える必要がある。

ということで、SHARPのラクティブエアEC-AS700に決定!

思った以上に長くなっちゃったので、次回につづく(笑)

次回は、使用レビュー。