日光江戸村はファミリーで楽しめるオモシロ施設

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

木場カイロプラクティックは、本日から営業です。

年末年始は、ゆっくりできましたか?

私はというと普段あまり食べない油モノを多く取り、消化器系(特に胆嚢)に負担がかかったと思うだが、背部痛に1/1の夕方から悩まされました(^_^;)

相変わらず、何か異変が起きると非常に敏感に反応してくれるカラダなので正月早々自分のカラダに感謝できましたm(_ _)m
というわけで、自分でできる範囲でカラダを調整し、食事管理をし、嫁さんにDRTをしてもらい2日ほどで良好に\(^o^)/

そして1/4が息子の誕生日なので、1/3から1泊で旅行へ。
特に背中も氣にすることなくプールなどで一緒に遊ぶことができました。

やっぱりカラダからのサインあったら、無視せずに早めの処置が一番ですね!

今回の旅行は、鬼怒川温泉。
ずーと「雪遊びがしたい」と言っていた息子の望みが叶い、着いた日は雪!


息子は大喜び、私たち夫婦は翌日の予定はどうするか?と悩んでました(笑)

大喜びの息子

でもこちらの願いも叶い翌日は晴れて良い天気に。
予定通り、「日光江戸村」へ。

初めて日光江戸村に行きましたが、思った以上に楽しめた。
スタッフさんたちもしっかりと役になりきってくれているし、子供にも優しいので大助かり。

大五郎は全く分からないけど、しっかりと「ちゃーん!」と叫んでました(笑)

ただ最初の方は江戸村の空気感に息子は、ちょっと引き気味で、それよりも雪遊びを江戸村でもやっており、わざわざ江戸村に来てまでしなくてもと親的には思っておりました(;´д`)トホホ…

そんな感じの息子も気に入った所が、「忍者からす屋敷」、「忍者からくり格言迷路」、そして「忍者怪怪亭」。

忍者からす屋敷は、室内アスレチックのように、狭い屋敷の中を登ったり降りたり、隠し扉をくぐったりとする施設。

忍者からくり格言迷路は、隠し扉がある迷路。

忍者怪怪亭は、平衡感覚が狂う仕掛けがしてある屋敷。

特に忍者怪怪亭に大ハマリし、30分くらいずっと遊んでました。しかも何回も。。。

それでもこっちもしっかりと楽しむ!

昔なつかしのマトリックス弾よけシーン(笑)

その後、私は脳の空間認知機能が狂って、普通の場所でもユラユラしちゃって大変でした(-_-;)

でも、今回の旅行もかなり楽しんでくれたので、良い誕生日になったかな。

親子で御用された