【清澄白河・門前仲町散策2】深川ワイナリーと北海道産チーズ

前回は美味しいグルメバーガーのお店を紹介しました。
清澄白河は近いんですけど、あまり行かないエリア。
コーヒーで有名なブルーボトルにも一回しか行ったことがないし。

でも清澄白河まで足を運ぶとシャレオツなお店も多くなってます。
いざ散策すると楽しいエリア。

地元の深川でワインを作る深川ワイナリーのワインが買える

今回訪ねたのは、セレクトショップ「イチマツヤ」。

こちらのセレクトショップは、ワインと発酵食品を取り扱っています。


特にワインは深川ワインを取り扱っています。


深川ワイナリー直営なので、当たり前だけど(笑)

名前から分かる通り、地元深川(古石場)にワイナリーがあるんです!
都内で3番目のワイナリーだそう。

こんな身近にワイン工場があるとは知らなんだ。

深川ワイナリー自体にも、今度行こうと思います。

ということで、せっかく来たからにはワイン買うでしょ!

イチマツヤは、自社の深川ワインだけでなくその他にも多くのワインを揃えています。


でも、やっぱり今回は深川ワインをチョイス!

私のお眼鏡にかなったのは、こちらのオレンジワイン。
NAIAGARA(ナイアガラ)ノンフィルター(無濾過)

オレンジワインとは、赤ワインの製法で白ワインを作ったモノ。

ちなみに私は、赤ワイン好きですが体質的に合わないことが最近判明(笑)
赤ワインの量に関係なく、飲むと頭痛がしてくる( ;´Д`)
なので、赤ワインは封印中なのだ。

なので、ワインを飲むとすると自ずと白ワインになるのだけど、白ワインだとちょっと軽すぎるって時に重宝するのがオレンジワイン。
赤ワインと白ワインのいいとこ取りだと自分的には思っている。
専門的にはこの表現が合っているのかは分からないけどね(⌒-⌒; )

オレンジワインの存在は、千葉の親友に教えてもらった。
感謝だね。

チーズ専門店?もっとニッチな北海道産チーズ専門

さて、良さげなワインが手に入ったからには、チーズが欲しいところ。
発酵食品も取り扱っているイチマツヤにもチーズは置いてあるけど、北海道産のNAIAGARAを使ったワインなので、チーズも北海道産がベストマッチなはず。(単純思考 笑)

そんな時は、北海道産チーズの専門店である「チーズのこえ」がオススメ。

北海道でこれだけのチーズがあるのかってくらい種類が豊富。
何が良いのか迷って、店員さんもオススメをいくつか商会してくれたけど、ブルーチーズが食べたかったので、ホワイトブルーチーズにしてみた。


ホワイトなのかブルーなのかどっちなのか分からないネーミングだ(笑)

外は白カビベースで中が青カビベースのちょっと変わったチーズ。
カマンベールとブルーチーズのいいとこ取りなチーズとでも表現しよう。

ワインに続き、チーズもいいとこ取りなモノを選んでたよ。

基本いいとこ取りな人生なので、普段からも現象が出るね(^^;)

実食!ワインはまさにぶどう!

お楽しみの実食ターーーーイム!

まずはワインを開封。

無濾過だから、にごってます。
驚きなのが香り!まさに葡萄そのもの。
ワインでここまで葡萄の香りがするモノは初めて。

味もとても飲みやすい。だからと言って軽すぎることもないので、肉料理にも十分対応できると思う。

そして、ホワイトブルーチーズ。


こちらは、ブルーチーズ色がやはり優っていて、ほぼブルーチーズかな。
表面がカマンベールチーズのような白カビのコーティングがあるので、食感はカマンベールチーズで、味はブルーチーズという感じ。

ワイン・チーズともに美味しく完食。

まだまだ面白そうなコトがありそうな清澄白河エリア。