【アイアンマン3】の感想


「アイアンマン3」を観ました。
息子が生まれて、劇場で映画鑑賞は当分ムリだと思ったんですが、「夫婦別々に観に行こう」という回答に達し、お一人映画を楽しんできました。

選んだ作品が「アイアンマン3」。

1、2、アベンジャーズと観てきましたから、見逃したくはなかったので観られて良かったです。

今回は過去3作品(アベンジャーズ含む)とは、ちょっと趣が違っています。

過去の作品は【アイアンマン】を描くことが軸でしたが、今回は【トニー・スターク】に主軸が置かれております。

それはアイアンマンとの決別がテーマでもあるからなのかもしれません。

なので、トニー・スタークがパワードスーツを着ているシーンが非常に少ない今回の作品。

ヒーローではなく、一人の整備士(発明家)を選んだトニー・スタークの生き様はカッコいいですね。

ただこのアイアンマンシリーズは、個人的にはやっぱりパワードスーツを装着したシーンが好きなのもあるので、ちょっと消化不良気味なところも否めない。

敵も魅力不足。

パワードスーツの扱いも雑なのも悲しかった。

つまらなくはないけれど、過去3作品のようなモノを期待してしまうと、物足りないでしょう。

マーベル・コミックシリーズは、必ずエンドロールを最後まで観ましょう。

今回も最後におまけシーンがあります。(ヒントは「ハルク」)