「痛み」は決して「悪」ではない

木場カイロプラクティックには、様々な痛みの悩みを抱えている方が来られます。

みなさん、「痛いのはイヤだ」と言われます。

当たり前だと思います。

では、痛みとはあなたを苦しめるために出てきたのでしょうか?

実は違うのです。

あなたのことを思ってこそ、痛みが出ているのです。

そんな風に考えたことは、ありますか?

多くの方はないのではないでしょうか。

痛みはあなたの異常を教えてくれているサインです。

そのサインがなくなってしまえば、水面下で負担を大きくなっていき、手遅れにもなってしまいます。

その前にも、疲れ、ダルさ、コリなどのサインもあなたの体は出してくれているんですよ。

でも、その位ならその内なくなると思ってケアをしない感じで、軽く考えている方も多いので、次こそは気付いてもらうために体は強くサインを出します。

それが「痛み」なんです。

その痛みが全くでない状態はなんだと思いますか?

答えは、「死」です。

なので、痛みは生きている証拠でもあるんです。

「痛み」とは「悪」ではありません。

あなたのことを気遣っての体からの訴えです。

「痛み」があることを喜べとは言いませんが、体が自分の事を心配してくれていると考えることが出来るようになると、体の変化はより違ってきますよ。