疲れを解消する生活のコツ

あなたは疲れないようにするために、体力を残して何事も行なっていないでしょうか?

「今日は一日忙しくなりそうだから、疲れないために体力を残しておこう」とか。
「明日忙しいから、今日はあまり遊ばないようにしよう」とかって考えて生活してませんか?

「転ばぬ先の杖」みたいに体力を残して生活することは、とても大事だと思います。

でも実はこの生活パターンって疲れが残るのです。
なぜでしょう?

それは、新しいエネルギーをチャージできないからです。

深呼吸に置き換えるとイメージしやすいかもしれません。
深呼吸するときは、息を吐ききりますよね?
そうすれば、大きく息を吸うことができます。
中途半端に息を吐くと、中途半端にしか息を吸えません。

実はエネルギー(体力)もこれと一緒で、体力をムダに残すと、翌日は中途半端にしか体力が回復しないのです。

なので、「やりきる」ことが重要です。
体力を残すことって悪く言えば、手抜きなんですよね。

手抜きをせずに、やりきると充実感がでます。
そうなると、気分もスッキリして、体もスッキリするんです。

【疲れを解消するために、何事もやりきる】

何だか矛盾しているようにですが、みなさんも何かに取り組んで、それを本気でやりきった後の充実感の経験はあると思います。
その後に待っているのは、スッキリ感と新たにチャージされた体力なのです。