第28回浦安市合気道演武大会に親子で参加

浦安市で行われた第28浦安市合気道演武大会に参加してきました。

私も今年で合気道を始めて20年になります。

上達できているのかはよく分かりませんが(笑)、ただただ好きでやってます(^_^;)

今回は今までと違って、息子の柊吾(しゅうご)と一緒に参加しました。

昨年の夏から合気道を始めた息子と浦安合気道連盟主催の演武大会に初めて出ます。

自分の演武はあまり緊張しませんが、息子の演武は緊張しました。

子供クラスの演武(仕手と受手)とファミリー演武と柊吾は3回の出番。

前日に、受手(相手を攻撃して技を受ける側)をすることが急遽判明したので、前日に無息子と猛特訓

受けがしっかりとできないと自分ではなく、相手に迷惑をかけてしまうので、本人の演武以上に厳しく指導。

半べそになりながらも、あきらめずに本人は稽古し、いざ当日。

息子の仕手(自分が技をかける側)は無事に完了。

そして、問題の受け。

おー!

結構横面打ちも正面打ちも、できてるじゃないか~。

初めて息子のことで涙が出そうになったくらい感動(T_T)

高負荷をかけたことが身になるって感動ですねぇ。

ファミリー演武は、私が相手なので特に問題なく片手取り四方投げ十本を演武。

時間の都合で、八本目までしかできなかったけどよくやったぞ!息子よ。

今までで一番疲れた演武会になりました(笑)

最後は私の師匠の中嶋師範の解説演武の受けを取らせていただきました。

浦安市合気道演武大会2018【解説演武(中嶋正憲師範)】

時間がかなり押していて、運営側から「5分で解説演武してくれ」と言われたそうです。
ムリでしょ!

そもそも演目がムダに多いからだろ!

半分くらいでも事足りる内容だと個人的には思う。
この記事を養◯館側が見てないことを祈ります(笑)