【風立ちぬ】の感想


【風立ちぬ】を観ました。
久しぶりに嫁さんと一緒に鑑賞。

言うまでもなく宮崎駿監督スタジオジブリ作品で、大ヒット中です。
今回の作品は、子供向けというより大人向けな作風。

飛行機設計士の堀越二郎(実在の人物)が零戦を完成させるまでを描いています。
ただし、物語的には零戦自体は、そこまで重要ではありません。

関東大震災などにより経済的にも裕福とは言えない時代背景。
そんな時代に「飛行機を作る」の夢を持ち、ただひたすら生き抜いた堀越二郎の生き様を描きたかったのかなと。

ちょっと今の現代に繋がる時代背景だったりもするんですよね。
飛行機設計の世界では20年も遅れていた日本の技術。
そこから追いつこう追い越そうとする熱意。
宮崎監督は、今の日本にもう一度元気を取り戻して欲しかったからこの物語を制作したのではと、私は感じました。

演出的に面白かったのが、効果音。
効果音のいくつかは人の声によって作られていました。
例えば、爆撃や震災の効果音も人の声で表現してました。
そうすることで、何かの生き物が襲ってくるかのような感じが得られます。

声優として「ヱヴァンゲリヲン」の監督である庵野秀明が堀越二郎を担当しているのも、この作品の特徴の一つ。
最初は違和感がありましたが、慣れるもんですぇ。

プロと違って、感情の入れ方が下手さがあります。
でもそれが却って良い表現方法になっていたのではとも思えてきます。
さすがは宮崎監督だな。