体は一つでつながっている


患者さんとの会話で、とても嬉しいお言葉を言ってもらえました。

患「いつも治療されて思うんですけど、ホントに体って一つで繋がっているんですね。不思議です。」

私「そうですよねぇ、私も不思議です(笑)」

なぜこのような会話が出たかというと、私は施術をする前に全身をチェックします。
それは、患者さんにも分かるようなチェック方法を用います。

チェックすると足、頭、顔、腕、お腹などに負担があることが分かります。
これは個人差がありますが、体の状態が悪い人ほど多く負担が見つかります。

そして、私が調整する場所は背骨のみ。
それなのに施術中には触ってもいない、足、頭、顔、お腹などの先程負担があった場所がなくなります。

体が各パーツごとに別れているのではなく、一つになっているからこそ起こる現象です。
そのことを理解してくれたために、先程のような感想を言ってくれたのです。

植物で例えると、自覚症状などは枝や葉っぱや花になります。
花や葉っぱが枯れそうだからと言って、花や葉っぱ自体に水はあげませんよね?
水をあげるのは、幹や根っこの部分です。

背骨は根の部分です。
適切な刺激を背骨に与えることにより、体に対しての様々な良い効果が出やすくなります。
その効果は、症状だけにとどまりません。

「夫のイライラがなくなりました」や「子供が素直になりました」などご自分の周りの方の変化も出てきます。
当たり前ですが、ご自分が変わったからこそ、周りの反応も変わってくるのです。

カイロプラクティックは、症状がなくなることを最終目的にはしていないのです。
症状という小さな枠組みではなく、カイロプラクティックは、もっと大きな範囲で患者さんを観ています。