鏡開きとお汁粉会


今日は、私が所属している浦安合気道連盟の鏡開きがありました。


まずは奉納演武として、それぞれ代表のメンバーの演武。
最後はうちの師匠が演武をして奉納演武を締めくくりました。

鏡開きは、本来お正月に神様・仏様に供えていた鏡餅を下げて、木槌で割って(開いて)食べる風習です。
神様・仏様に供えていた鏡餅は力が備わるとされるので、無病息災を祈願するのです。

今回は、参加人数が多いので鏡餅ではないのですが、最後にお汁粉をいただきました。
健全にソフトドリンクです。
もちろん、その後は打ち上げで師匠と昼間っから呑んだのは言うまでもありません(笑)

因みに、鳥取県出身の後輩から聞いた話ですが、鳥取県では「お汁粉=お雑煮」なんだそうですΣ(・ω・ノ)ノ! びっくりっ!