足首の痛みも背骨で変わる

今日は足首の痛みの症例。

11月にハーフマラソンに出場して、その際に右足首を痛めてしまった方。
その内に痛みは引くだろうと思ったらしいので、そのまま放置。
でも、一向に痛みはなくならず、歩くのもツラい状態になったので、今月になって来院。

よくあるパターンですね。
2-3日経っても痛みが引かないようなら、状況は変わりませんので、すぐに専門の所に行った方が良いです。

その方の右足首の状態を観ると、むくみもありました。
しかし、足首自体のゆがみはそれ程ではなく、背骨の状態が原因となっていました。

推察すると、背骨のゆがみがある状態でマラソンに望み、体のバランスが悪いので足首を痛めてしまった。
しかし背骨のゆがみにより、リンパの循環も悪いので、そのまま痛みの状態が続いてしまっていると思われました。

なので、背骨のみを調整。
1回目の調整で、痛みは半分に軽減。
2回目には、足首を内側に曲げなければ痛くない状態に。
3回目は、ほぼ日常生活には支障なし。
4回目に来院された時には、全く問題なし。

多分、早く来ていただけていれば、1-2回で楽になっていたと思います。

4回とも背骨のみの調整です。
当院では、背骨に特化したカイロプラクティックのテクニックであるDRTを使用しています。
このDRTだと、例え足首だろうと背骨のみで変化を出すことが可能です。

背骨を調整して、背骨のみしか変化を出せないのは、カイロプラクティックを理解していないからだと思います。
カイロプラクティックを理解していれば、例え足首や膝や手首や肘などの四肢も、背骨からしっかりと変化を出せるはずです。

背骨の重要性を知ることができた、症例だと思います。

ただし本当に四肢に問題がある場合は、もちろん四肢も調整します。