指の痛み、腕の痛み


当院には、腕や指などに悩みを持っている方も多く来られます。

そのような方にでも、私はカイロプラクティックを提供しているカイロプラクターなので、背骨を調整します。

しかし体が変化するのは、背骨周りだけではありません。
体の末端部分の指や腕も、もちろん変化が起こります。

腕や指に症状がある方には、独自の腕などの検査を施術前に必ず行います。
その検査で、自覚症状とは違う所に痛みを感じる場合も多々あります。
自覚症状ではない部分の負担がかかっているために、自覚症状がある指や腕が補ってしまい、自覚症状として出ているのです。

職場でもそういうことはあると思います。
だれかが欠席をしたら、同じ職場の誰かが休んでいる人の仕事をカバーしてあげると言う状況ってありますよね?

1日や2日くらいなら、カバーできると思いますが、それがずーと続いたら、いつかはカバーしている人も体を壊すと思います。

それが自覚症状なんです。

カバーしてくれている人に栄養ドリンクなどを与えて、頑張らせるよりも、休んでいる人が出て来て仕事をしてくれれば、済むことですよね。

話が反れましたが、しっかりと原因を見つけることがまずは大切。
そして、原因部分を支配している神経が通っている背骨を調整することにより、解決していきます。

なぜ、背骨を調整することで指や腕も変わるでしょうか?
それは、神経は背骨を通っている脊髄神経という中枢神経から末梢神経という神経が全身に分布しているからなのです。
なので、中枢の背骨を調整することにより手や腕も変化が起こります。

日々の生活で受ける様々な負担(ストレス)が、神経に問題が出て、それが背骨のゆがみとして浮き彫りになります。
負担(ストレス)は、肉体だけでなく、精神や生化学などのストレスも背骨のゆがみとして現れます。

その現象をカイロプラクティックでは、サブラクセーションと云います。

サブラクセーションを消失させることにより、神経の問題が回復します。
そうなることにより、その方にとっての幸せな方向へ進みます。

カイロプラクティックでの施術は、背骨だけを変えるわけでもありませんし、肉体だけに変化が起こるわけでもありません。

ただし、多くのカイロプラクティックは背骨だけを変えたり、肉体だけの変化だけにしか目を向けていません。

最後はディスって終わります(笑)