第24回浦安合気道連盟演武大会に参加


日曜日に、合気道の演武大会に参加してきました。

合気道にはいくつかの団体があります。
私が所属しているのは合気会という団体の浦安道場。

実は浦安にはもう一つの団体である養神館(ようしんかん)があります。
その養神館と合気会が一緒に連盟を組み、合同で演武大会を開催している地域は浦安のみだそうです。

と言っても、うちの道場は養神館側より演武大会に対して、やる気がありません(笑)
うちの道場は、合気道開祖が「武術は見世物ではない」と言うお言葉を地で行っている感じです。
片や養神館側は演武会が大好きです。
なので、両団体の温度差がハンパない!

どちらが良い悪いではなくて、違う団体の運営方法を垣間見られて勉強になる機会だと最近は思います。

毎年それぞれの代表師範の演武があります。
今年は、私の師匠が大トリの解説演武。
ですが、師匠は数日前に肋骨を骨折してしまったのです。

休みたかったらしいのですが、養神館サイドから「少しだけでもやって欲しい」と言われてしまったらしいです。

簡単に言うよね〜!

でも、そこはさすがは我が師匠!見事に解説演武を行っていました。
今回は、息子にも演武を一応見せました。
殆ど見てませんでしたけど(笑)
人がたくさんいて、ビクついていました。

数年後にはもっと理解してくれると思うので、また修行に励みたいと思います。