踵(かかと)の痛み

カイロプラクティックは、背骨を調整します。
(※決して、背骨を真っ直ぐにしようとしているのではありません。)

なので、背骨がある首〜腰などの体幹部の痛みだけに対応かというとそうでもありません。

当院には、腕や足などの四肢と言われる箇所でお悩みの方も多く来院されています。

今回の症例は、ご紹介で来られた方で「かかとの痛み」があり来院されました。
歩くものツラいということでした。

調べると、距踵関節にも変位(ゆがみ)はありましたが、これは補正によって起きていました。
この方は、ふくらはぎがガチガチの状態で、骨盤と腰が崩れています。

そのために常に歩く時に、かかとに衝撃がかかりやすくなり、変位したと思われます。

よって背骨を良い状態にしていくようにDRTで調整。
日頃の姿勢不良が原因でもあるので正しい姿勢指導と、より楽に歩けるように、ふくらはぎのハリを抑えるセルフケアを指導させていただいきながら、数回来院してもらいました。

本日、調子を尋ねたら踵(かかと)は良好になり、痛みで止めていたウォーキングを再開できるようになったそうです。

とても嬉しいご報告でした。

このように実際には、体に起こるストレスは必ず神経の起点である脊髄に不調を来たします。
そうなると脊髄が通っている背骨に必ずゆがみが起こります。
そのゆがみが体幹部だけでなく四肢にも影響が出ます。

(※この現象をカイロプラクティックでは、サブラクセーションと言います。
そして、このサブラクセーションを調整できるのは、カイロプラクターのみしかできません。)

なので、足に痛みがあるからと足に原因があるとは決してありません。
正しい姿勢などができるように、背骨をしっかりと調整することで、脊髄などの神経や脳も正常に機能し、手・足なども変化していきます。

背骨の影響力は偉大です。