舞台『ワルシャワの鼻』の感想


昨日の休みのメインイベントはこれです。

明石家さんま主演『ワルシャワの鼻』の鑑賞。

大ファンである明石家さんまさんが主演の時点で、

大満足なのですが、

それを抜きにしても、面白い作品でした。

もちろん、さんまさんが主演なので、

笑いがてんこ盛りです!

しかし、笑いだけではなく、

涙もありで、緩急がしっかりとされた作品になっていて、

楽しかったです。

アドリブも沢山あり、

出演者自体が、笑い出していたりもして面白かったぁ。

やっぱり演劇は、

リアルに出演者のやり取りが観られるので、楽しいですね。

リアルに熱気が伝わってきます。

演劇鑑賞ちょっとハマりそうです(^^ゞ