稽古納め

今年も昨日で合気道の稽古納めをしました。

毎年テーマを決め、

毎年何かしらの学びのある稽古ができていて、

師匠には感謝です。

ただ毎年思うことが一つ。

師匠は最初から答えを教えてくれているってこと。

合気道は型稽古です。

師匠は最初に稽古する技を見せてくれます。

だから、その型をそっくりそのまま出来れば、

技はかかります。

ですが、この「そっくりそのまま」がすごーく大変!

いかんせん、自分の常識で物事を考えるので、

自分のやり易いように解釈するんです。

でも型稽古をし続けていくことにより、その邪魔な常識(邪念ですね 笑)を徐々になくしていく、

そうすると、型通りにできる。

この邪念を捨てるのが、大変です。

今年一年は、特に『型』と言うものの奥深さを知れた良い年になりました。

来年も、切磋琢磨していきます。