『第9地区』の感想


『第9地区』を観ました。

地球にエイリアンが出現します。

だからSF物です。

エイリアンと言えば、

『インディペンデンス・デイ』や『宇宙戦争』などの侵略してくる凶暴系。

あとは『E.T.』みたいに友好を結びに来るお友達系。

こんな感じに分けられますが、

さて、今回のエイリアンはどっちかと言うと…

分かりません(笑)

だって、UFOが南アフリカ共和国ヨハネスブルグ上空に現れても、

それ以外何も起こりません。

政府はしびれを切らし、UFOに突入してみると、

UFOが故障し、何もできない難民のエイリアンを発見!

仕方なく、ヨハネスブルグの一部(ここが第9地区)に、

エイリアンの居住地区を設けます。

でも、その住民などからの苦情などもあり、

居住区を移設することに。

ここまでが前フリ。

物語は、ここから始まります。

SFモノだけど、社会派ドラマです。

エイリアンを人に当てはめると、

人種差別のテーマに早変わり。

しかも、皮肉なのか舞台は南アフリカ共和国です。

アパルトヘイトを連想させるようになっている感じにも取れます。

映像的には、ちょっとグロイシーンもありますが、

ちょっと変わった視点から差別問題を考えられる作品