職探し中の後輩くん

今日は最近お付き合いのある後輩くんが来院。

今回で3回目の調整。

一番最初は、どこもかしこもボロボロって感じでしたが3回目となるとイイ状態を保ちつつあって、さらに深い所まで調整できました。

私の今現在の持論は、【小さい所より大きい所から調整】していくのがイイ状態への最短だと思っているので、

まずは一番大きくバランスが崩れている所から始めていき、徐々に細かく観ていく流れです。

なので調整がある程度出来てくると、どんどん細い所にも施療が出来ます。

今日は【眼】も施療。

特に左眼に負担がかかっていました。

眼はとても大事。

だって通常は毎日、眼で見て生活していますもんね?

そう言えば、眼を施療した方から「テレビゲームのスコアを更新できました♪」と喜びの声をいただいたこともあったっけ。

通常はスポーツとかしている方に喜ばれるんですが、テレビゲームのプレイにも効果を発揮するみたいです(笑)

話は戻り、後輩くんも眼に負担がかかっていて首の動きに制限がかかっていました。

最近新たな職場を求めて、パソコンとにらめっこしているらしい。

とてもいい青年なので、うちで雇ってあげたいけど、うちではまだ雇う余裕がないかな(笑)

そう言えば、飲み会の席でそんな話が出た時に「宮坂先生の所は厳しいから止めといた方がいいぞ〜」と言われてしまいました(笑)

私ってそんなに厳しい人だと思われているのか?

非常に対応には細いけど。

細かく観られない人は、この仕事には向いてないと思うのです。

細かく観られないと、患者さんの僅かな変化に気付けないから対応できない。

それでは患者さんとしては不満でますよ。

だから私はドンドン細かく観られるようになってきました。

そういう細かさが、後輩さん達には厳しいと思われてしまうのでしょうね。

後輩くんには、厳しくてもイイ職場・イイ先生がいる整体院でまた頑張って欲しいな。

眼も施療したし、またパソコン作業がしやすくなってきっといい職場が見つかるはず。