寒暖差対策してますか?

あっという間に10月です。

なのに、服装が8月の時と一緒なのはどういうこと!?

暑いですねぇ。

だけど、朝方はそこそこ気温が低くなっている。

なので日中の暖かさで家も暖められ、そのまま就寝。

そうすると朝方の気温の低さが体には堪えるのです。

それは肉体的ストレスが貯まるということ。

となると、待っているのは急性な痛みなどの身体異常。

有名なモノだと、ギックリ腰や寝違いなどが増えますね。

あとは、頭痛の方や口が開かないようになってしまった方なども増えてます。

そうならないように、夜はしっかりと湯船につかって汗が出るくらいに温まりましょう。

そして寝る時は、朝方の気温に合わせるように今までよりも温かくして寝ましょう。

こんな簡単なこと?って思った方は要注意です。

まずはこれが出来ているのが基本です。

基本なくして、変化はありえません。

あと夏場に冷たいモノを摂り過ぎていた方や入浴をシャワーだけにしていた方も要注意。

体のケアに対しては、先手先手に回りましょう。