【不眠・眼精疲労】ブルーライトから身を守れ!


ブルーライトというモノをご存知でしょうか?

【可視光線の中で、380nm〜495nm(ナノメートル)の青色光のことです。可視光線の中で、最もエネルギーが高く、眼の角膜や水晶体で吸収されずに、網膜まで到達します。近年普及しているLEDには、このブルーライトを多く含んでいます。

可視光線とは、電磁波のなかで、人の目が見ることができる波長のものを言います。およそ400nm程度から800nm程度の光を見ることができ、400nmあたりは青紫色、800nmあたりは赤色、真ん中の550nmくらいが黄緑色です。700より波長が長くなると赤外線、400nmより短くなると紫外線と呼ばれています。
人の目の角膜や水晶体はおよそ350nm〜800nmの波長を透過させますが、それより外側の電磁波は通過できません。
つまり、紫外線にもっとも近いエネルギーを持ち、網膜まで届く光が「ブルーライト」ということになります。】

ブルーライト研究所より抜粋)

空見ると青いですよね?

あれがブルーライトです。

ブルーライトは【覚醒する】ためにはとても大事。

起床時に日光を浴びると、体内時計もリセットして頭も働き始めます。

本来は日中に浴びるだけのブルーライトが、現代社会ではブルーライト一日中浴びています。

その原因は、PCモニタ・スマホ・液晶テレビなどのモニタ画面からブルーライトを浴びています。

そのブルーライトを夜になっても取り込んでいると、日中働いている神経である交感神経が優位になり続け、夜に働くべき神経の副交感神経が働きづらくなります。

そうなると眼精疲労になりやすいし、不眠にもなりやすくなります。

寝る直前まで、パソコン使っていませんか?

ベッドの中でもスマホをイジっていませんか?

夜中にゲームやってませんか?

そのような方は、ブルーライトを目に取り込みすぎなので要注意。

交感神経優位になり続けると、眼精疲労や不眠だけでなく筋肉などの緊張も抜けないままになるので、疲れやすさ・ダルさが起こるのも当然だし、肩こり・腰痛の原因を多くします。

基本的には、寝る1時間前くらいにはスマホやテレビなどは見ないようにすることがいいのですが、スマホ(ケータイ)依存症なんて方もいる現代なので、

せめて使用する際はブルーライトをカットする工夫をすることをオススメします。

カット方法でオススメなのが、メガネショップ「JINS」から発売されている【JINSPC】。

ブルーライトを50%カットできるらしいです。

ということで、私も使用してみました。
普段メガネは使用していないので、ちょっとネガネ自体の重さが気になりましたが、数時間なら大丈夫かな。

眼精疲労もそんなにしないと思うし、オススメです。

私は度なしにしましたが、度ありでも作れるみたいなので是非お試しを。