顎に痛みがあったり、口の開閉時にガクッとズレる・音が鳴ることはありませんか?

俗に「顎関節症」と呼ばれる症状です。

この顎関節症は、主にアゴのゆがみなどが原因ですが、それ以外にも原因があります。
ポイントとなるのが、「

顎がゆがむ理由とは

  • 片噛みする癖がある
  • 鼻が曲がっている
  • 肩こり・首こりがある
  • 頬づえをよくする
  • 舌をよく噛む
  • 頬をよく噛む

上記に当てはまる人は、顎がゆがみやすいです。

なぜ顎はゆがむのでしょうか?

片噛みをする

片噛み癖があることによって、噛む時に使う咬筋や側頭筋の左右差がでます。
左右差が大きくなれば、顎はズレてきます。

頬づえをする

顎を片側の方向から圧をかけていることになる頬づえ。
これも顎関節に対して、負担がかかるので、ゆがみの原因になります。

舌のクセ

舌をよく噛む人は、舌のクセ(舌癖-ぜつへき-)があります。
これは、舌が本来の定位置ではなく歯で軽く噛んでいたり、下の歯に付けていたりしています。
舌は顎の筋肉の一部なので、このクセが顎をゆがませます。

首がゆがんでいる

実は、これが一番重要です。
顎と首はセットです。
なので、首がゆがんでいると自動的に顎もゆがみます。
肩こりや首こりがある人は、首がゆがんでいることが多いので、これらの症状を持っていると顎もゆがみます。

舌の衰えは、顎をゆがませる

上記の理由で、共通するのが「舌の衰え」。

舌も筋肉で「舌筋」といいます。
この舌筋群は、顎に付着する筋肉が多いので、「舌が衰える=顎が使えづらくなる」という公式になります。

なので、舌の衰えないようにすることが、顎関節には最重要なのです。

3つの舌トレーニングで顎関節のバランスを整えよう

舌を鍛えるには、トレーニングが一番!
ここからは、効果的な舌の筋トレを3つご紹介。

あいうべ体操

顎関節症のセルフケアとしてオススメなのが、「あいうべ体操」です。
この体操は、歯科医の今井先生が考案した体操です。

その名のごとく、「あ・い・う・べー」と大きく発音します。
最後の「べ~」は、舌をあっかんべーのように出します。

これを1動作4秒前後のゆっくりとした動作で1日30回
1セット10回ずつを3回に分けるのがオススメです。

舌ホッピング

1)上顎に舌を吸い付けます(先端だけでなく、できるだけ舌全体が上顎に着くように)

2)勢いよく下顎に向かって舌を離します

3)この時、大きく「ポンッ!」と音がなるようにします

4)これを10~15回繰り返します

音ができるだけ大きくなるように、ガンバりましょう!

舌回し

唇と歯ぐきの間を舌でぐる~と、回します。
ちょうど、舌で歯を磨いて行くような感じになります。

右回り×10回転
左回り×10回転

慣れていないと、途中舌や顎や首が筋肉痛のような痛みが伴うので、まずは痛みが出ない範囲から徐々に回数を増やしましょう。

この3つのトレーニングをまずは、3ヶ月間続けることで、筋肉が増えて、正しい動かし方になっていきます。

顎関節をケアするなら、背骨からが一番

3つのトレーニングをしても顎に痛みがあったり、バランスがおかしい。もしくは、痛くてトレーニングができない方は、背骨のバランスが原因の可能性があります。

顎関節は頭の関節です。
では頭はどこにあるでしょうか?
背骨の上ですよね。
頭と背骨の関係を簡単なイメージに当てはめると、【皿回し】。

お皿=頭
皿回しの棒=背骨

お皿を安定して回し続けるには、棒をバランスよく動かしておく必要があります。

バランスを崩し、動かしづらくなったらお皿はどうなるでしょう?
徐々に回転が遅くなり、キレイに回らないようになり、いつかは落ちますよね?

なので、背骨のバランスが頭を安定させるには非常に重要だといえます。

また舌を動かす神経を舌下神経といいます。
この舌下神経は、延髄からでています。この延髄は上部頸椎という首の骨の位置まであるので、首と舌の関係はとても深いのです。

木場カイロのカイロプラクティックケア(DRT)は、DRT独自の顎チェックを取り入れているため、背骨からの顎のバランス修正を得意としています。

歯科に行っても解決しない・セルフトレーニングでも解決しないようなら、一度背骨からのケアをしてみるのもオススメです。

顎関節症の関連記事

木場カイロ・概要

木場カイロプラクティックには、東京都江東区・江戸川区・墨田区・中央区/千葉県浦安市・市川市・船橋市/神奈川県などから、みなさん来られています。
とくに江東区の木場・東陽町・南砂町・門前仲町・豊洲・大島、辰巳、潮見、江戸川区の葛西、西葛西、墨田区の錦糸町などの各駅周辺にお住まいの方が来院いただいています。

ご予約 0120-989-740
e-mail:jin@kibachiro.com

〒135-0016
東京都江東区東陽3-19-8
トムビル2F

受付時間
月〜木
10:00-13:00/15:30-20:00
金10:00-13:00
土・祝10:00-17:00

定休日・日曜