色んな所で「運動をしましょう」とか言われると思います。

私も運動は推奨派なので、強制はしないけど勧めます。

健康の三大要素として、栄養・休息・軽めの運動ということもいわれているのもありますけど、今回はその運動について少し見解を述べたいかなと。

日常でカラダを使っていない

ヒトは

植物か?

動物か?

もちろん動物です。

動物ということは、その名のごとく「動く」ことが重要

だからカラダは
動いてなんぼ
使ってなんぼ

なので、使わないとダメなんですね。

でも現代の日常生活だけだと、カラダはあまり使う機会がない。
使ってもほぼ同じような動きばかり。

世の中便利になりました。
お陰で、歩かなくても遠くまでもいけるし、階段も登らなくても自動で登ってくれるし、段差もドンドンなくなっているし。
でも便利と引き換えに、カラダを使う機会が減っていったのも事実。

ならどうする?

使う機会を増やすしかない!

ってことになる。

そして、使い方が問題。

日常生活はほぼ加速度運動

通常の使い方は「加速度運動」が当たり前。

加速度運動とは、初動から徐々にスピードを上げていく動作のこと。
瞬発的な動作も、もちろん通常は加速度運動。

なので、朝起きるときも、服を着るときも、ご飯食べるときも、仕事するときも、基本「加速度運動」です。

この加速度運動の逆が「等速度運動」。

古武術的な動きは、この等速度運動をもちいることが多い。

最初から最後まで速度が均等な動き。
だから、相手からは分かりづらい。

でも等速度運動は結構難しい、というよりも現代では馴染みがなさすぎて分かりづらい。

で、話を加速度運動に戻します。

加速度運動は、瞬発力的な動きです。
武術的にいうと「タメ」や「捻り」の動き。

この動きは筋肉への負荷が高い

でも、この筋肉を日常的に使っていないと、脳はなまけるので筋肉への神経伝達が遅くなります。
負荷の高い動きを急にしようとすると、筋肉や関節などには損傷しやすくなるんですね。
※負荷の高いと言っても、激しい動きではなく日常的にする普通の動きですよ。

だ・か・ら!

定期的に、非日常の動きをしておく機会を取り入れておくことで、脳をなまけさせないことができるので反応が良くなり、カラダへの負担も軽減することが可能。

というわけで、運動してみてはどう?

自宅で簡単にできる運動

いきなりフィットネスジムとかに通えとは言いませんよ。

特に運動習慣がない人は、まずは「運動をする」という習慣を見につけましょう!

そのためには、できる限り障壁が小さい方が始めやすい。

ということで、こちらをご紹介。

踏み台昇降

踏み台になるモノが必要ですが、今では100均でも売ってます(耐久性は微妙だけど)ので、投資費用は問題ないレベル。

しかも、ただ単に登って降りてを繰り返すだけ。
運動神経がない人でも、簡単にできるという優れものの有酸素運動。

デメリットは、単調過ぎなので飽きやすい。

縄跳び

これまた100均でも買えるので、投資費用は格安です。

二重飛びなどしなくて良いので、ただ普通に飛ぶだけで良いです。

小学生の頃はかなりやった縄跳びも大人になるとボクサーくらいでないと、ほぼやらない運動。

小学生の頃のイメージでやると、かなり悲惨な目にあいます。
カラダが重い!(笑)

でも、この縄跳びはかなりオススメ。
誰でも経験があるし、広いスペースはいらないし、飛んだ時の衝撃が骨も強くする。

縄がなければ、エア縄跳びでも可(笑)
でも、せっかくやるんだったら自分の上達ぶりをわかった方がいいから、縄跳びくらいの投資はしましょうね。

7分間トレーニング

スマホアプリを使って運動するなら、これがオススメ。
なんせ、「7分間」で終わっちゃうのが魅力。

でも、結構ハードではあるので、運動未経験者向きではないです(^_^;)

とりあえず、やってみる

運動が苦手、嫌いなどあるかと思いますが、健康には運動は必要なのは確か。
※「精神」から持っていくこともできるけど、かなり難しいので、あまりオススメではない。

やらない理由を見つけるよりも、まずは「やっちゃう!」

5分くらいやっていると、脳からセロトニンなどのホルモン物質が分泌されるので、あとは勝手にやりたくなります。

ゴチャゴチャ考えて前に進めないなら、考えずにまずは行動あるのみ。

行動できない時は脳と脊髄の乱れかも

自分ではやった方が良いと思っているのに、やる気が起きない、続けられないなどが出てきてしまう。

これは、あなたの意志が弱いからではありません。

実は、脳と脊髄の機能低下が起こっているからです。

脳と脊髄が機能低下を起こすと、

自分がやるべき価値が高いコトよりも、目先の満足や快楽(価値が低いコト)を優先してしまいます。

脳と脊髄の機能低下の回復を整えるのが、カイロプラクティック(DRT)の特徴です。

  • 運動したくてもできない
  • 意志が弱いから続かない
  • と思っている方は、ご相談ください。

    木場カイロ・概要

    木場カイロプラクティックには、東京都江東区・江戸川区・墨田区・中央区/千葉県浦安市・市川市・船橋市/神奈川県などから、みなさん来られています。
    とくに江東区の木場・東陽町・南砂町・門前仲町・豊洲・大島、辰巳、潮見、江戸川区の葛西、西葛西、墨田区の錦糸町などの各駅周辺にお住まいの方が来院いただいています。

    ご予約 0120-989-740
    e-mail:jin@kibachiro.com

    〒135-0016
    東京都江東区東陽3-19-8
    トムビル2F

    受付時間
    月〜木
    10:00-13:00/15:30-20:00
    金10:00-13:00
    土・祝10:00-17:00

    定休日・日曜